失敗しない脱毛エステ選び【20代後半から永久脱毛】

家庭用脱毛器のメリット・デメリット

家庭用の脱毛器、今はいっぱい売り出されてますね〜。
脱毛器の種類の多さはムダ毛に悩む女子の多さのような気がして、感慨深いです。ふむ。

 

と感慨にひたっている場合ではないので、家庭用脱毛器のメリットデメリットについてご紹介していと思います。

 

【家庭用脱毛器のメリット】
・簡単に手に入る
・店舗等に通う必要がない
・サロンでの施術料に比べて、安価

 

上記にも書いたように、今は家庭用の脱毛器の種類が豊富だし、店舗での購入やネット通販など購入方法も色々あるので、よりどりみどり!簡単に手に入れることができます。

 

サロンでの施術料に比べて、値段が安いのもメリットのひとつ。サロンでの脱毛は全身コースで20〜30万円かかるお店もあるけど、脱毛器は高いランクの商品を購入しても10万円以内。この差は、大きいですよね。

 

さらに店舗等に通う必要がないので、自分の生活リズムやスケジュールに合わせて脱毛ができます。もちろん予約を入れる必要なんてありません!

 

メリットばかりのようですが、もちろんデメリットもあります。

 

 

【家庭用脱毛器のデメリット】
・なかなか“お試し”が出来ない
・ひんぱんに脱毛処理をしなければならない
・自己処理では手や目が届きにくいパーツがある

 

ほとんどのサロンが“お試し”を設けているのに対して、ほとんどの脱毛器は“お試し”がありません。そのためか、脱毛器の口コミには「期待したのに効果がなかった」「思ったよりキレイにできない」「面倒」という声がたくさん寄せられています。

 

脱毛器にはサロンへ通う面倒さがない代わりに、「ひんぱんに処理しなければならない」という面倒さがついてまわります。多くのサロンが通う頻度は2カ月に1度程度なのにくらべて、家庭用脱毛器は「最初の1ヵ月は週に3回使用」「週に1度の使用」と、けっこうな頻度で脱毛を行わなければなりません。サロンに通うのと、家庭用の脱毛器で処理をするのと、かかる時間をじっくり考えてみた方がいいかもしれませんね。

 

そして、残念ながらと言うべきか、やっぱりサロンでプロにしてもらったお肌に比べて、自己処理のお肌は痛みがちだし、処理し残した部分も多いです。自分で出来る部位は自己処理をして、面倒なパーツや処理しにくいパーツはサロンで脱毛する、というのがいいかもしれませんね。

家庭用脱毛器の選び方エントリー一覧