失敗しない脱毛エステ選び【20代後半から永久脱毛】

キャンペーンを使ってお得に済ませるときのアドバイス

 

キャンペーンを使用すると、かなりおトクに脱毛をすることが出来ます。

 

例えば、みんなが「まずここは脱毛しておきたい!」というパーツのワキ。ここを単体で脱毛した場合、主要なお店の価格を比べてみると以下のようになります(価格は2013年10月現在の価格であり、変更されることもあります)。

 

  • ミュゼ 「両ワキ脱毛完了コース」期間・回数無制限で3,600円
  • 脱毛ラボ 「全身脱毛選べる4箇所」1,980円
  • エピレ 「エピレ チョイス」2回で7000円
  • 銀座カラー 「フリーチョイス脱毛1部位8回」8回で21,000円

 

簡単に比較してみると、脱毛ラボが飛びぬけて安いことが分かります。だけど、ミュゼの期間も回数も無制限で3600円というのも見逃しがたい!!でもでも、実はエピレも1回あたりは3500円、銀座カラーも上記の価格は6回分のお値段なので1回あたりは2500円とかなりお手頃。

 

今は脱毛サロンが乱立している状態なので、ひと昔前に比べるとだいぶんお手頃に脱毛することが可能になっているのです。

 

 

そして、さらにリーズナブルに脱毛する裏ワザが「キャンペーン」を利用すること。

 

例えば、「WEB予約限定で両ワキ+Vラインがプライスダウン」「今月のみ全身脱毛が初回○○円OFF」「WEBから予約すると通い放題プランが○○円OFF」「お友達と一緒に来店・契約すると、最大○○円OFF」といったキャンペーンが各店舗でひんぱんに実施されています。

 

こういったキャンペーンを組み合わせれば、正規の価格よりもかーなーりおトクに脱毛することが出来ちゃいます。

 

ただし、気をつけるべきは以下の つのこと。

 

同じ個所を施術する場合は最低でも2ヵ月は期間をあける

期間限定の期間がかぶっているからといって、短期間に何度も同じ箇所の施術を受けるのはお肌のダメージになってしまうためとっても危険です。同じ箇所を施術する場合は、最低でも2ヵ月は期間をあけるようにしましょう。

 

定期コースや全身コースへの勧誘があることを覚悟しておく

キャンペーンは、もともとは新規のお客様を呼び込むためのもの。だから、他のコースへの勧誘は間違いなくあります。でもこちらがきちんと断れば、お店側もそれほどしつこくは勧誘してきません。きっぱりと、だけど丁寧に、断るようにすれば大丈夫なので、それほど怖がる必要はありません。

 

他のサロンにも通っていることは言わない

エステティシャンだって人間です。「他店のキャンペーンにも通っているんです〜」なんて言われると、いい気はしません。プロの方に敬意を払うためにも、同時期に別のお店のキャンペーンに行っていることは口外しないようにしましょう。

 

期間や価格をじっくり吟味する

キャンペーンの多くは期間限定のものなので、悩んでばかりいるとすぐに終わってしまいます。「これぞ!」と思うキャンペーンがあったら、思いきって飛び込んでみることも大事ですよ。
ただし、キャンペーンの多くは「新規の方に限ります」となっています。一度キャンペーンを利用すると、同じお店で他のキャンペーンを利用することが出来なくなってしまう場合もあるので、ご注意を。