失敗しない脱毛エステ選び【20代後半から永久脱毛】

アフターケア

悪質なサロンだと、アフターケアをちゃんとしないことがあります。

 

何故ならば、アフターケアをしようがしまいが脱毛には関係ないからです。ちゃんと照射さえしていれば、アフターケアをしなくてもムダ毛は1〜2週間後には抜けていきます。ムダ毛さえ抜ければ、サロンにしてみれば「うちはちゃんと施術しましたよ?!」ということなのでしょう。

 

でも実際のところ、脱毛したての肌の内部は軽いやけどを負っているような状態です。毛穴の中の毛根を特殊な光で焼いているわけですから。

 

そんな状態のまま放っておいたら、皮ふが炎症をおこして大変なことになってしまいます。

 

それが分かっているエステ店では、ちゃんとアフターケアをしてくれます。
(ちなみにアフターケアとは、施術後に行うクールダウンのことです)

 

 

このアフターケアの方法で、だいたいそのエステの質が分かります。

 

まず、最初に登場したようなアフターケアをしないお店は問題外。手抜きをする悪質エステだと思って間違いないでしょう。

 

冷蔵庫や冷凍庫で冷やしたガーゼや綿を施術部位にあててクールダウンを行うエステは、一般的。たいていのエステでは、このような冷やしたガーゼや綿によるアフターケアの方法を採用しているのではないでしょうか?

 

そして最も良いエステの場合は、クールダウンに保湿をプラスしてくれます。一般的なアフターケアの方法だと、お肌の熱はとれても乾燥は防げないんですよね。そしてそのままにしておくと、乾燥によるかゆみが起こってしまったりするのです。でも保湿をしてあれば、そうしたトラブルを未然に防ぐことができます。

 

エステでどんなアフターケアをしているか?というのは、お試し体験の時に見極めるか、もしくは直接お店に訊ねてみるのが一番でしょうね。